ケータイメーカーラインナップ

公開日: : 最終更新日:2011/03/05 ケータイ基礎知識

たくさんの種類があり、色とりどりのケータイ。

主なケータイメーカーごとに特徴を見ていきましょう。


■日本のケータイメーカー

まずは日本のケータイメーカーのラインナップから。


パナソニック モバイルコミュニケーションズ

ご存知パナソニックグループです。

何といってもその特徴はワンプッシュオープンスタイル。
ケータイヒンジ部のボタンを押すとパカっと開いてくれると何か気持ちイイですよね(笑)

デザイン的にはコンパクトでスリムな端末が多い傾向があります。

現在は、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルに端末供給しています。




シャープ

「液晶のシャープ」の強みを活かして、ケータイにおいてもその地位は確立されています。

ワンセグに対応した「AQUOS(アクオス)ケータイ」や、
カメラにこだわったAQUOS SHOTが人気ですね。

ケータイ満足度でもトップクラスなのがシャープです。
やはり、目の付け所がシャープですね。

ドコモ、au、ソフトバンクの他に、
ウィルコム、イー・モバイル向けにも端末を供給しています。





NEC(日本電気)

「折り畳みのN」でお馴染みですね。
色鮮やかなボタンのイルミネーションが特徴的で、光りもの好きにはウケが良いです。

また、ファッションブランド等とのコラボモデルが目立つのも魅力です。
スリムなデザインや、瞬撮カメラも人気の1つでしょう。

ドコモ、ソフトバンクに供給しています。



富士通

ドコモの「らくらくホン」と「キッズケータイ」は富士通製です。
子どもや高齢者にも世代を超えてケータイの垣根を無くすための心意気が感じられますね。

ちなみに、富士通と東芝が携帯電話事業の統合会社を富士通東芝モバイルコミュニケーションズとして立ち上げたため、

「REGZA Phone(レグザフォン)」がが富士通のウェブサイトに掲載されているので、ちょっと違和感を覚えるかもしれませんね。

富士通ブランドでドコモ、東芝ブランドでauとドコモのスマートファンを
供給しているような感じですね。

富士通は防水のイメージも比較的強い気がします。




カシオ計算機

「EXILIM(エクシリム)ケータイ」が代名詞となっているのがカシオ。

また、G-SHOCK(Gショック)で培った技術は、耐水性・耐衝撃性に優れた
「G’zOne(ジーズワン)」というタフネスケータイを生み出しました。

現在は、auとソフトバンクに供給しているようですね。




京セラ

「The New Value Frontier」とついつい言いたくなる京セラですが、(笑)

日本初のフルブラウザ携帯端末の「京ぽん」でその地位を大きくのし上げ、現在も「Honey Bee(ハニービー)」などの特徴的な端末も製造しています。

また、三洋電機のケータイ・PHS事業を買収するなどセラミックスや半導体の事業の存在を忘れてしまうほどのケータイメーカーです。

au、ウィルコム向けに端末を供給しています。




日立

ラインナップこそ少ないものの、シッカリとした製品が目立ちます。

とりわけ、ハイビジョンムービーが撮れるケータイ「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」、「Woooケータイ」の存在感が大きいですね。

ちなみに、合弁会社としてはNECカシオモバイルコミュニケーションズとなっていますが、
NEC・カシオ・日立とそれぞれのブランドで製品が存在しています。

auに供給しています。




■海外ののケータイメーカー

最近では海外のケータイメーカーも目立つようになってきましたよね。


ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ

通称「ソニエリ」。ソニーとスウェーデンのエリクソンによるメーカーです。

国内ではau向けに「BRAVIA(ブラビア)ケータイ」「Cyber-shot(サイバーショット)ケータイ」、ドコモ向けに「XPERIA(エクスペリア)」と、ハイクオリティ&ハイセンスで枚挙にいとまがないラインナップを揃えています。

ソニーグループですが、イギリスの企業なので、一応海外のメーカーとも言えるのかなぁと思い海外メーカーとして挙げました。




ノキア

日本ではあまり日の目を見ることがないノキアですが、実はケータイ電話端末で世界ナンバーワンのシェアを誇っています。世界中のケータイのおよそ3割はノキア製だとのこと。




HTC

メーカーはわからないけど何となく先進的なケータイを目にしたことはありませんか?

聞きなれないメーカーかもしれませんがそれがHTCである可能性が高いです。

台湾メーカーのHTCはスマートフォンやPDAを得意としており、ドコモ、ソフトバンク、au、イー・モバイルに端末を提供しています。




LGエレクトロニクス

近年、非常に多く目にするようになった韓国メーカーの一角がLGです。

ドコモケータイを考えるなら、ラインナップの多いLG端末は候補にあがることが多いのでは?




サムスン

韓国最大のサムスングループはケータイにおいても存在感は絶大ですね。

最近では、ドコモの「GALAXY S」なんかで目立ってきています。
また、ソフトバンクにも多くの端末を提供しています。




リサーチ イン モーション (RIM:Research In Motion Limited)

カナダのメーカーです。

コアなファンが多い「BlackBerry(ブラックベリー)」で有名です。




パンテック&キュリテル

パンテックは、サムスン、LGに並ぶ韓国の大手ケータイメーカーです。

「骨伝導スピーカー」を搭載した機種など、au向けラインナップが主です。




アップル

もはや説明不要のアップル。

「iPhone」の登場は日本だけでなく、世界を震撼させました。

スマートフォン市場の加速もiPhoneによる功績がかなりありますよね。




■国籍を問わないケータイメーカー


ご存知のとおり、日本国内で販売されているケータイは日本のメーカーだけで展開されているわけではありませんね。

今後はより一層のグローバル視点がケータイメーカーにも必要となるのは言うまでもありません。


お気に入りのケータイメーカーはありますか?^^

ad

関連記事

no image

iPhone(アイフォーン)とAndroid(アンドロイド)について~どっちがいいの?アプリやシェアなど違いを比較~

最近、ケータイ各社がこぞって推しだしているスマートフォン。 ス

記事を読む

no image

ガラケーとは~ガラケーの意味や機能について~

ガラケーって聞いたことがあるでしょうか? ケータイを買うときに、スマートフォンとし

記事を読む

no image

スマートフォンとは

「スマートフォン」 最近、テレビや雑誌などメディアを通して耳にすることの多い言葉です。

記事を読む

no image

ケータイキャリアとシェア

すでにご存知かもしれませんが、 ケータイキャリアとシェアなどのケータイ業界の基礎知識 についてお

記事を読む

ad

Message

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ad

LINE2
LINE電話で海外にかけると通話料金無料にならないけどお得

LINE(ライン)が世に出てからというもの、飛ぶ鳥を落とす破竹の勢いで

ram
パナソニック ラムダッシュES-ST37で新社会人は山岸舞彩さんに不潔に思われないようにしよう

さて、このブログでは、IT関連の情報を主に発信していますが

nex5t
ソニーのミラーレス一眼カメラα「NEX-5T」がかなり興味深い

私はカメラに関して詳しいってほどではないのですが、 家電量販店に行く

no image
楽天 kobo 新機種で Amazon Kindleに対抗か

11月1日、楽天は 「kobo」を新たに2機種発表しました。

no image
iPad miniの特徴やiPad2、iPad(第3世代・第4世代)との違い

2012年10月23日(現地時間です)、世界一の時価総

→もっと見る

PAGE TOP ↑